観察台湾

台湾の政治、文化、芸能など、台湾ネタを扱います。

台湾人「既読スルーしたから病院送りね」

 

「台湾人は美人が多い。」台湾に行った友人たちは口を揃えて言います。

 

確かに、台湾人ってスタイルのいい女性が多い気がします。

しかも暑い国ですから、ホットパンツやミニスカートをよく履きます。

すると余計、スタイルの良さが際立ちます

 

しかしまぁ、いろんなタイプがいるわけで...

 

↓↓↓↓

〜LINE「既読スルー」 女子学生一時間に30件送信、彼氏発狂〜

 通信アプリLINEの「既読スルー」は、新世代の新しい語彙になっただけでなく、人を精神科の受診にまで追い込むことがある。台北のある女子学生は彼氏にメッセージを送った。彼氏は明らかに既読をつけたのにもかかわらず返事がないので、彼女は極度に焦り、なんと一時間のうちに30件以上もメッセージを乱発。彼氏が何をしているのか尋ね続けたため、彼氏は神経衰弱に陥り精神科に助けを求めた。医師の判断によると、この女子学生は「既読スルー症候群」で、携帯中毒の一種の症状だという。

聞き慣れた音が耳に入ると、誰かがLINEを送ったことがわかる。一旦読めば、メッセージを送った者は「既読」のニ文字を目にすることになる。この女子学生はメッセージを彼氏に送ったがすべて「既読スルー」されたため、なんとメッセージを乱発し、あと少しで人を発狂させるところであったのだ。

感情の不安感に根を発し、既読スルーを目にすると焦り、そしてメッセージを乱発する。精神科の医師張立人は言う。この種の既読スルー症候群は携帯中毒の一種の症状に属し、精神科から見ると、当事者の大脳の中枢機能と快楽を司る辺縁系の働きに不調が出る。そして、メッセージを乱発すればするほど、快楽を得られるようになる。医師によると、この三年来、このような携帯中毒の症状はどんどん広く見られるようになっているそうだ。

携帯中毒はまだ精神病とは確認されていないが、毎日携帯をいじって止まらないようでは、学業や仕事に必ずや影響が出る。実は、4つの現象からあなたが携帯中毒かどうかを検査することができる。第一に、起きるとすぐに携帯のメッセージを確認してしまう。第二に、いつもメッセージの内容を気にかけている。第三、正しい場面かどうかに関わらず、暇さえあれば携帯をいじる。第四に、予期していた時間を超えて携帯をいじる。携帯は結局のところただの道具であり、もし道具があなたを縛る鎖となってしまったら、本末転倒である。

http://www.ettoday.net/news/20140616/368292.htm

↑↑↑↑

確かに、モーレツタイプの台湾人女性って...います(笑)

 

ちなみに中国語のLINEを使うとわかるのですが、「既読」は「已讀」と表示されます。「既読スルー」は「已に読んだけど返さない」ってことですよね。中国語だと、「已讀不回」。中国語がわからなくても、なんとなく意味が通じます^^

 

台湾は日本の植民地ではなかった (WAC BUNKO)

台湾は日本の植民地ではなかった (WAC BUNKO)