観察台湾

台湾の政治、文化、芸能など、台湾ネタを扱います。

台湾花蓮市で浴衣祭り

アップルデイリーで、花蓮の浴衣祭りが報道されていました。


↓↓↓↓

花蓮市洄瀾の将軍府で今日午前、浴衣祭りが行われた。花蓮市で発行されたレシートか領収証があれば、誰でも日本式浴衣を着て写真撮影でき、日本文化を味わえる。花蓮市長の田智宣は次のように述べた。「将軍府は日本占領時代初期の日本式建築物の一つ。地域の人々の尽力で、古跡の保存状態はかなり整ったものとなっている。」

 

将軍府は美崙川沿いの中正路にある。イベントは7月19日まで。「市区に残された日本式建設の古跡は少なくない。浴衣祭りのイベントを通じて、多くの日本人旅行客の方々を花蓮に呼び寄せられれば。」と市長。午前にイベントに参加した来賓は皆浴衣に着替え、市長も市民の代表と相撲をとってみせるなど、観客をわかせていた。

http://appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20140614/416229

f:id:shinkichi0202:20140614143050j:plain

f:id:shinkichi0202:20140614143142j:plain

f:id:shinkichi0202:20140614143240j:plain

↑↑↑↑

台湾には、花蓮のみならず全国に多くの日本時代の建築物が残っています。おそらく一番有名なのは、旧総督府、現在の総統府ですよね。

 

東西南北、有名観光地から住宅街の一角に至るまで、あらゆるところに日本時代の名残が残っています。中には日本時代の古民家を改装した居酒屋さんや喫茶店などもあり、おしゃれな若者になかなか人気を集めているようでした。

 

日本時代の名残を尋ねるのも、台湾観光の楽しみの一つかもしれません。

 

ことりっぷ海外版 台北

ことりっぷ海外版 台北